ホーム > 最新ブログ一覧 > 住宅改修・施工事例③

2020.03.17

住宅改修・施工事例③

こんにちは!多摩店の田村です。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もまじめにブログを書きます!!

 

本日は恒例となってきました

 

介護保険制度を利用した、住宅改修の施工事例をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

今回は【浴室の扉交換】です。

 

※御利用者様の、ご承諾を頂いたうえで写真を掲載しております。

 

 

 

 

 

<改修前・開き戸>

 

 

 

 

 

dsc_0900         dsc_0903

 

 

 

 

《開き戸の欠点》

 

 

①扉を開閉する際に、バランスを崩し転倒する危険がある

(足腰の筋力低下により、ふらつきがある方)

 

②洗い場のスペースが狭い

(シャワーチェアー使用や、介助が必要な際に洗い場スペースの方)

 

③扉が内開きの為、緊急時に浴室内へ入ることが出来ない

(転倒や体調の急変リスクがある方)

 

 

 

 

 

 

 

 

<改修後・折れ戸へ変更>

 

 

 

 

dsc_0904

dsc_0905

 

 

 

 

dsc_0906

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《折れ戸の利点》

①体に近い距離で、扉の開閉動作が安全にできる

 

②浴室内の扉面積が小さい為、洗い場のスペース確保が出来る

 

③脱衣所側から扉を外すことが出来る為、緊急時の侵入が出来る

 

 

 

 

入浴を楽しみにしていられる方も、多くいらっしゃると思います。

 

しかし、以前にもブログに書きました『ヒートショック』も含め

 

浴室での事故は多いです。

 

 

 

 

住み慣れた自宅で、安全に入浴が出来るように

 

お手伝いさせて頂きます!!

 

 

小さなコトでも、大きなコトでも

 

お気軽にひまわり館へご相談ください!!

 

 

 

 

 

本日も、拙いブログにお付き合い頂き、ありがとうございました<m(__)m>